カナダ旅行現地で役立つ情報

カナダのトイレ事情

海外のトイレ全般に言えることですが、
カナダのトイレの綺麗さは日本並みではありません。

ウォシュレットや保温便座は、もちろんありません。
※ホテルなどはある場合もあります。

トイレについて

「Restroom」もしくは「Washroom」の記載があります。
公共トイレの利用は無料です。(※有料の国があるので念のためです。)

トイレの個室の扉を閉めても、入っている人が座って
ひざ下の足がみえるほどトイレの扉の下は空間が開いています。
※ひざの上以上はみえません。

現地の人たちは、公衆トイレでは扉の下を覗いて
「足が見えたら使用中」だと確認しますので、チラチラ見ていることもありますが
一般的なことだったりします。(笑)

まれに、トイレ個室内にダストボックスがあり、トイレットペーパーが
たくさんダストボックスに捨てられている場合があります。
トイレの排水が詰まってしまうので、ペーパーをダストボックスに捨てるという意味のようです。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カナダのトイレ事情