カナダ旅行準備に役立つ情報

海外保障付帯クレジットカードとは?

最近では、年会費無料で海外保障付きのクレジットカードがあります。

海外旅行の時に、90日間の保障があるタイプがほとんどです。
私は、念のため楽天カード(VISA)を持って行きました。

クレジットカードの種類によって保障金額は違いますが、以下のような保険内容が含まれています。

  • 救援者費用
    海外でのケガや病気にかかった時、病院へ運ぶのにかかる費用。
  • 傷害死亡、後遺傷害
    事故によるけがが原因で死亡、後遺症が残った時に支払われる費用。
  • 傷害治療費用
    事故によるケガで、医師の治療を受けた場合の費用。
  • 疾病治療費用
    所定の病気などで、医師の治療を受けた場合の費用。
  • 賠償責任
    他人の財産や身体に損害や傷害を与えた場合の費用。
  • 携行品の損害
    盗難・破損・火災などの偶然な事故で、携行品に障害が発生した場合の費用。
お金が足りなくなった時にも使えて、一枚持っていると便利なクレジットカード。

クレジットカードの作成には1ヶ月ほどかかるので、作成する場合は、早めに申し込みを!
海外利用の場合には、クレジットの種類をVISAもしくはMasterにするのがお勧めです。

海外保険付きクレジットカードはこちら


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 海外保障付帯クレジットカードとは?

コンセント・電気事情の準備物

差込口の形状 電圧は、アメリカ同様110~120V、周波数は60ヘルツ。

日本の差込口(プラグ形状:Aタイプ)はカナダでは使用できます。
カナダでは、地域により2つ(Aタイプ・BFタイプ)を使用しています。

ホテルではAタイプの差込口コンセントをよく見ます。


デジカメの充電は?

デジカメの充電の場合、充電機の電圧幅が幅広く対応しているので そのまま利用できます。


ビデオカメラ・パソコンは?

ビデオカメラやパソコンを持参している場合は、充電に変圧器が必要になる
場合があります。必ず購入したパソコンのメーカーサイトで確認しましょう。


海外対応トラベルドライヤー・男性用シェイバーは?

海外対応のトラベルドライヤー男性用のシェイバーを持参している場合は、
ドライアヤーのスイッチで変圧を切り替えることが出来るので変圧器は必要ありません。
男性用のシェイバーには、別途必要になっている場合もあるので注意です。


日本からの携帯電話は??

海外対応の充電器があれば充電が可能です。
スマートフォンの場合は、メーカーによって注意が必要な場合があります。
念のため各キャリアのサイトを確認しておきましょう。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - コンセント・電気事情の準備物

重要情報はコピーの用意を!

トロントにて パスポートやクレジットカードの番号の重要情報。
スリにあったり紛失の場合は、再発行・手続きに膨大な時間がかかります。
失くした時には、慣れない海外では気持ちも焦ってしまいます。

全く情報が無い事と、コピーがあるだけでも違います。

重要な情報は、必ずコピーを取っておきましょう。
2枚分のコピー1枚ずつを、スーツケース・手持ちカバンに入れておくと安心です。

ちなみに重要情報とは・・
  • パスポート番号
  • クレジットカード番号・クレジットカードの緊急連絡先
  • 海外旅行保険の保険証書
  • ※クレジットカードの海外旅行保険を使う場合は、その保障内容・連絡先
  • ※トラベラーズチェックを購入の場合には、トラベラーズチェックの番号

万が一に備えて、きちんと管理しておくことが大切です。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 重要情報はコピーの用意を!

準備物、これはいる??(体験談)

メジャーリーグ観戦もOK!(トロント) 何を持って行ったらいいの?
何が必要?何が要らない??FAQのように紹介します。

カバンは?

  • スーツケース(空港で預入)
  • 機内で使わないものは全部入れます。
  • 手持ちカバン(機内持ち込み用)
  • ハサミや液体持ち込みは注意!没収の可能性があるので、航空会社のホームページで確認を。
    手持ちカバンは、肩掛けのショルダー型、ガイドブックが入れば、なお便利です。
    ※リュックサックは、カバンの後ろ側で美術品を傷つける恐れがあるため
     美術館などでは預け入れが必須になる所があります。
  • セキュリティポーチ(現地到着後)
  • 現地観光の場合は、手持ちカバンとは別に、貴重品・パスポートは
    セキュリティポーチに保管が安心です。

カナダのホテルの体験談

  • シャンプー・リンスともにありました。
    (硬水なので髪の毛がバリバリになることもあります。)
  • バスタオルやフェイスタオルはありました。
  • スリッパは無いです。
  • 歯ブラシ・歯磨き粉は無かった所がほとんどでした。
  • ドライヤーが付属していない場合、使いにくいドライヤーの場合があります。
    ドライヤーがない場合もありました。私は海外対応のドライヤーを持って行きました。
    日本でも使えるタイプですが、カナダ対応の変換プラグも付いていて、
    スイッチで電圧を換え、普通に使えました。

薬は必要

トロントアイランドから 海外では、慣れない環境、気候から予想外に体調が悪くことがあります。 いつも健康体で大丈夫!という場合も、念のため持参した方が良いでしょう。 体調がおかしい?と思ったら早めに飲んでおくと残りの日は大丈夫になります。 ほっておいたら、旅行期間中ずっと体調が悪くなる可能性もあります。

基本的に添乗員さんは、薬を持っていても、薬をくれない可能性もあります。
(旅行会社で、お客さんに渡すことを禁止されています)

現地で購入すると、薬が強すぎて体に合わず逆に体調を悪くする場合もあります。


船酔いやバス酔いの傾向がある人は、酔い止め薬も忘れずに。
せっかくの旅行。。薬を持って行っておいたらよかったのに・・と
後悔しない万が一のためにも、持参しておいた方が良いでしょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 準備物、これはいる??(体験談)

セキュリティポーチは必要?

セキュリティポーチ内も小袋管理が便利♪ カナダ旅行では、
セキュリティポーチは、そこまで必要ないかもしれません。
ふとした隙に置き引きなどにあう可能性もあります。 不安な場合は、パスポートは、セキュリティポーチを利用するなど 肌身離さず持っておいたほうが安心でしょう。

日本のように、男性ズボンの後ポケットに貴重品を入れるのは、危険です。見えにくい管理しやすい場所に入れておきましょう。





セキュリティポーチは、服の内側で、肩からかけておきます。
必要な時には、服の内側(上着の内側など)から出します。

セキュリティポーチの中に入れておくもの

  • パスポート
  • 財布
  • クレジットカード
パスポートを盗られる(なくしてしまう)と大使館でパスポートの再発行が必要となり、
予定している帰国日に出国できません。もちろん同じツアーの人たちとも帰れません。
セキュリティポーチに入れていても、必ず定期的にパスポートがあるかの確認が必要です。

セキュリティポーチの利用は、カナダ到着後(観光開始後)からの利用で大丈夫です。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - セキュリティポーチは必要?
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他