カナダ旅行準備に役立つ情報

カナダの時差は?

ライオンズゲートブリッジ カナダ全土は、6つの時間帯に分かれています。
カナダ国内を旅行する場合は、
地域によって随時、時間の変更が必要になります。

日本の方が時間が早い時間となります。。
日本が、 12日0:00の場合、 
カナダは、11日(前日)の各時間になります。

カナダにはサマータイム制度があります。
  • 夏時間(4月第1日曜~10月最終日曜)
  • 冬時間(上記以外)
※サマータイムの切替時期、別都市への移動時には、
空港、ホテルなどの時計で時間を確かめておきましょう。


時差早見表のエクセル版を作りました。
旅行先を3か所まで選択してA4 1枚で印刷が可能です。
  都市名 時差(冬時間) 時差(夏時間)
太平洋岸標準時 バンクーバー -17時間 (-16時間)
太平洋岸標準時 ビクトリア -17時間 (-16時間)
山岳部標準時 カルガリー -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 エドモントン -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 バンフ -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 イエローナイフ -16時間 (-15時間)
中部標準時 ウィニペグ -15時間 (-14時間)
中部標準時 レジャイナ -15時間 (-14時間)
中部標準時 サスカトゥーン -15時間 (-14時間)
東部標準時 トロント -14時間 (-13時間)
東部標準時 オタワ -14時間 (-13時間)
東部標準時 モントリオール -14時間 (-13時間)
大西洋標準時 ハリファックス -13時間 (-12時間)
大西洋標準時 プリンスエドワード島 -13時間 (-12時間)
ニューファンドランド標準時 セントジョーンズ -12時間30分 (-11時間30分)


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カナダの時差は?

飛行機の中の過ごし方

機内での過ごし方

機内のシート(イメージ) 長時間のフライトになります。
靴を履いたまま長時間は、足が疲れるので、靴を脱ぐ、
もしくは携帯用スリッパに履き替えるなどで調整し、リラックスした姿勢ですごしましょう。

機内で長時間同じ姿勢をとり続ける場合、エコノミークラス症候群が発症しやすいとも言われています。
水分を取り、定期的にお手洗いなどで席を立ち、肩や腕を動かしたり、足をもむなどして 体を動かしましょう。


機内食って・・?

機内食・・魚?肉? 長時間のフライトの中で、スナックや機内食が出ます。
スナック・ドリンク→夕食→スナック・ドリンク→朝食というような流れです。 夕食・朝食は、「魚もしくは肉」や「牛もしくはチキン」など2種類の中から選べます。どちらか聞かれるので、選択します。

食事以外でドリンクが欲しい時には、キャビンアテンダントさんに伝えましょう。



スナックが出る場合も♪ 航空会社によって出されるスナックや料理は違います。
スナックは簡単なスナック菓子が出る場合もあります。
一緒に、ドリンクももらえます。








機内食 お腹がいっぱい、気持ちが悪い場合は、「No, Thank you」で断ることもできます。 強制はないので、食べれる分だけ食べるということも可能です。

機内での時間の使い方

一定の時間になると、眠る時間になるため強制的に暗くなります。
眠れない人は、自分の座席上にあるヘッドライトをつけ、本を読むこともできます。

飛行機によって違いますが、座席前にあるTVモニタで映画や音楽ゲームを
楽しめる飛行機もあります。(アメリカン航空やデルタ航空は、無かったです。)

機内ですることとして、本を読む、音楽を聴く、窓の外を見るなどになるかと思います。


機内で眠る時

機内でリクライニングをしたとしても、長時間一定の体勢で眠ることは、
想像以上に肩や腰に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になります。
※機内の各座席に綿入りの柔らかいクッションが無料で置かれていますが、
  両手に収まる小さ目のサイズです。

首の固定に利用するトラベルピローや腰・背中の後ろにクッションとしてエアピロー
利用すると、長時間の体勢にも少し軽くなります。

寝違えてしまった時には、機内で肩や首を回してコリをほぐす、
もしくは到着後、湿布をはるなどの方法が有効です。


機内でのコンタクト着用は?

機内では、乾燥します。コンタクトを着用している場合は、目がゴロゴロする場合もあります。
目の痛みがひどくなる前に、度々コンタクト用目薬を使用する、
もしくは メガネで搭乗することがオススメです。


機内での注意点(女性向け)

  • 機内の乾燥について
    機内は、エアコンでの機内温度調整のため乾燥を感じる場合もあります。
    乾燥が気になる方は、乾燥対策のミニスプレーやクリームなどを手荷物に持参しましょう。
    (液体スプレーは、空港の手荷物検査では液体チェック用の袋に入れておきます)


  • 機内での化粧について
    長時間のフライトで化粧をしたまま過ごすことが不安な場合は、
    シートタイプのメイク落としでメイクを落とすこともできます。
    メイク落とし用シート、化粧水パック、乳液パックが含まれた1日用のトラベルセットが便利です。
    (これもは、空港の手荷物検査では液体チェック用の袋に入れておきます)

    機内のトイレは水も使いにくく、狭いので顔を洗う事は難しいですが、
    乗継の空港に到着後、トイレで顔を洗うこともできます。
    ほとんどの場合、カナダ到着後、すぐにホテルへ直行することが多いので、
    ホテルの部屋に到着後すぐにメイクを落としても良いでしょう。

    私は、メイクは落としませんが、時々あぶらとり紙を使うなどでケアをしていました。
    長時間のメイクは、肌質の負担になることも多いと感じていたので美容液も少し持って行きました。

    旅行中は、長時間のメイクや水の違いで肌のトラブルが発生しがちになりますが、
    帰国後には、数日~数週間、日常のケアで元に戻ります。


  • 機内でのハミガキは?
    長時間のフライトの中で、ご飯を食べたり寝たり、口の中の気持ち悪さを感じることがあります。
    気になる場合は、ガムを噛むんだり、トイレで簡単に歯磨きをすることもできます。
    手荷物の中に、トラベル用の歯磨きセットを用意すると便利です。(液体用の袋の中に入れておく)
    機内のトイレには、うがい用の紙コップが用意されています。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 飛行機の中の過ごし方

カナダでスマホ(Android等)を利用する方法


海外で携帯を使うには、各キャリアによって事前手続きや現地での設定が必要です。
海外での通信を伴うアプリやインターネット・電話の利用は、高額請求となります。
帰国後にビックリしないよう事前に確認しておきましょう。

海外でのインターネット方法

(1)wifiルーターレンタルをする
「海外パケット定額サービス」を利用しなくてもインターネットをすることもできます。
利用料金は1日当たり何円×の旅行日数となります。

現地でwifiルータをスマホをWi-Fi接続すると、いつでもどこでもインターネットに接続できます。

【参考】海外でタブレット・スマホを使うには?

(2)携帯会社のパケット定額サービスを利用する。
カナダで観光中にインターネットを使いたい方には「海外パケット定額サービス」があります。
ソフトバンクの場合、1日約0円~1980円、それ以上の定額の場合は2980円です。

※携帯会社のパケット定額サービスは、wifiルータよりも1日当たりは高くなっています。
※定額サービスの1日という換算方法は、日本時間の場合になります。
 時差がある場合、利用時間が日本の0時を回ると2日分の換算となります。
※各キャリアではパケット定額サービスの定額対象事業者が指定されています。
 現地でiPhoneに事業者の選択設定が必要です。事前に対象事業者を確認しておきましょう。

 スマホでインターネットをする設定方法はページ下にて紹介しています。

<海外パケット定額サービス> <海外で電話・メールなどを使う方法> スマホから日本への電話のかけ方なども紹介されています。
(3)街中のwifiを利用する。
wifi機能をオンにしていると、携帯電話が勝手にwifiを拾います。
マクドナルドやスターバックスなどのカフェでもwifi環境はありますが有料・無料、店舗により異なります。
無料の店舗には、店頭に「Free Wifi」の表示があります。
※ただしID・パスワードが必要なため、スタッフさんに確認が必要です。(英語です)

充電に必要なもの・充電方法は?

<NTT docomo>
NTTドコモでは充電についてサイトに記載があります。
日本で使っている充電器(形状はAタイプ)で充電できます。
カナダの旅行場所によっては、形状がBFタイプが必要になることがあります。
<au>
  • 共通ACアダプタ02
    ※アダプタ01は国内用、アダプタ02は海外用で100~240V対応です。
<Softbank>

携帯を海外で利用する時の設定方法

各キャリアで海外利用時の設定方法が案内されています。
pdfファイルで公開されているものについては、
出国前に印刷して持参もしくはスマートフォンに入れておくと便利です。

<NTT docomo>
<softbank>
<au>
<アプリだけを利用するので他の事は全く利用しない>
電話、メール、ネットができなります。(自動接続の課金が防げます)
(設定方法)「設定」→「一般」→「機内モード」を「オン」にする。


海外充電無料サービス

海外での充電器無料貸出サービスがあります。
(2016年9月現在)
ある都市とない都市があるので、お気を付けください。
※一部対応していない機種の可能性もあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カナダでスマホ(Android等)を利用する方法

現地ホテル・民泊の予約方法

現地ホテルの予約・利用について

ホテルの客室イメージ 最近は、日本からも日本語のサイトから現地ホテルの予約が簡単にできるようになりました。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.渡航前には、予約表を印刷して持参しておくと安心です。
3.前もってホテルにメールで予約の確認する。
4.現地ホテルで予約票(印刷書面)を渡す。

<おすすめ予約サイト>

<利用のメリット>
・日本語での予約が可能。
・大手旅行会社が運営しているのでホテルの価格・アメニティ・設備などもわかり易い。
<利用のデメリット>
・ほかの宿泊方法に比べると高い

渡航前に以下を忘れないように!
  • 予約確認のメールの印刷
  • ホテルの連絡先電話番号(印刷・メモしておくと便利)
  • ホテル周辺地図・詳細地図(住所)
  • クレジットカード
    デポジット(預り金)のために提示を求められる場合があります。現金の場合もあり。

ツアーの最終日を延泊する場合、前もって添乗員さんに相談すれば、
電話でホテルへ予約がされているかどうか確認してくれる場合もあります。
言葉が不安な場合は、添乗員さんに相談してみましょう。

民泊を利用する

現地の方の自宅の部屋(宿泊用空き部屋)を予約する方法。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.宿泊先の方とメールでのやり取り(英語等)※鍵の受け渡し方法など
旅行先をイメージしながら不明点はすべて前もって確認しておきましょう。
3.数日前には、念のため予約の確認をしておく。
4.現地に直接向い、鍵を確認し部屋に入る。

<おすすめ予約サイト>
<利用のメリット>
・現地ホテルよりリーズナブルに宿泊できる。
・ホテルではない現地のお家にとまった雰囲気が味わえる。
・部屋内にはキッチンや調理器具がついているので自炊も可能。
<利用のデメリット>
・宿泊者の方との連絡は英語(まれに日本語可)になる。
・※宿泊代のほかに清掃代が取られる場合がある。

その他の宿泊(ユースホステル)

年齢問わず誰でも宿泊できる施設になります。
基本は、相部屋で1ベッド当たりの金額ですが、+料金で個室があるところもあります。
料金例は、相部屋の場合、$24/1ベッドあたり。個室は$55/1部屋。

相部屋の場合は、世界各国の人と一緒になる可能性があるので、
公共スペースや部屋でコミュニケーションや情報交換を楽しむこともできます。
※荷物のセキュリティは各個人になるため、相部屋の場合は注意が必要です。
 会員証が必要になりますが、サイトからオンライン入会が可能です。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現地ホテル・民泊の予約方法

海外保障付帯クレジットカードとは?

最近では、年会費無料で海外保障付きのクレジットカードがあります。

海外旅行の時に、90日間の保障があるタイプがほとんどです。
私は、念のため楽天カード(VISA)を持って行きました。

クレジットカードの種類によって保障金額は違いますが、以下のような保険内容が含まれています。

  • 救援者費用
    海外でのケガや病気にかかった時、病院へ運ぶのにかかる費用。
  • 傷害死亡、後遺傷害
    事故によるけがが原因で死亡、後遺症が残った時に支払われる費用。
  • 傷害治療費用
    事故によるケガで、医師の治療を受けた場合の費用。
  • 疾病治療費用
    所定の病気などで、医師の治療を受けた場合の費用。
  • 賠償責任
    他人の財産や身体に損害や傷害を与えた場合の費用。
  • 携行品の損害
    盗難・破損・火災などの偶然な事故で、携行品に障害が発生した場合の費用。
お金が足りなくなった時にも使えて、一枚持っていると便利なクレジットカード。

クレジットカードの作成には1ヶ月ほどかかるので、作成する場合は、早めに申し込みを!
海外利用の場合には、クレジットの種類をVISAもしくはMasterにするのがお勧めです。


海外保険付きクレジットカードはこちら



このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 海外保障付帯クレジットカードとは?
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他