カナダ旅行準備に役立つ情報

自由行動+観光はオプションで

市内観光も楽しみ!(トロントにて) ずっとツアーには参加したくない・・。
自由に旅行をしたいけど、少しは観光案内もしてほしい場合は、 旅行会社の現地オプションを利用しましょう。

現地ツアーの申し込み方法


当日の集合時間に現地の集合場所に参加でOK♪
ナイアガラの滝にだけ参加したい、モントリオール・ケベックシティの観光をお願いしたいなど
色々なパターンでオプションを組むことができます。


現地でレンタカーを借りて運転する場合は、日本で「国際運転免許書」の取得が
必要です。旅行前に必ず取得して免許を持参しておきましょう。



オプションツアーには、午前中だけの半日観光や夜景ツアーもあるので、
オプション+自分たちでの自由行動を組み合わせることでも、時間がうまく使えます。


私は、日程的に難しかったのですがVertra(ベルトラ)の「バンフ夜景と星座観賞ツアー」に行きたかったです。
光がない山あいでの星空とお城のようなバンフスプリングスホテルを見たかった!


おすすめ現地オプションツアー

ケベックシティ
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自由行動+観光はオプションで

カナダの時差は?

ライオンズゲートブリッジ カナダ全土は、6つの時間帯に分かれています。
カナダ国内を旅行する場合は、
地域によって随時、時間の変更が必要になります。

日本の方が時間が早い時間となります。。
日本が、 12日0:00の場合、 
カナダは、11日(前日)の各時間になります。

カナダにはサマータイム制度があります。
  • 夏時間(4月第1日曜~10月最終日曜)
  • 冬時間(上記以外)
※サマータイムの切替時期、別都市への移動時には、
空港、ホテルなどの時計で時間を確かめておきましょう。


時差早見表のエクセル版を作りました。
旅行先を3か所まで選択してA4 1枚で印刷が可能です。
  都市名 時差(冬時間) 時差(夏時間)
太平洋岸標準時 バンクーバー -17時間 (-16時間)
太平洋岸標準時 ビクトリア -17時間 (-16時間)
山岳部標準時 カルガリー -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 エドモントン -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 バンフ -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 イエローナイフ -16時間 (-15時間)
中部標準時 ウィニペグ -15時間 (-14時間)
中部標準時 レジャイナ -15時間 (-14時間)
中部標準時 サスカトゥーン -15時間 (-14時間)
東部標準時 トロント -14時間 (-13時間)
東部標準時 オタワ -14時間 (-13時間)
東部標準時 モントリオール -14時間 (-13時間)
大西洋標準時 ハリファックス -13時間 (-12時間)
大西洋標準時 プリンスエドワード島 -13時間 (-12時間)
ニューファンドランド標準時 セントジョーンズ -12時間30分 (-11時間30分)


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カナダの時差は?

海外でタブレット・スマホを使うには?

wifi機器一式 海外でタブレットやスマホを利用するためには、
携帯会社の「海外用パケットサービス」も利用可能ですが、
複数人で利用したい場合や、1日当たりの利用料金を安くしたい方には、 「海外wifiルータ」の利用がお勧めです。

※海外wifiルータとは、
国内で契約している通信事業者(Docomo,au等)を介さないで 海外(現地)のローカルネットワークを利用します。
WiFiルーターの情報を設定した無線LAN搭載ノートパソコンや スマートフォン、タブレット端末が、通信エリア内なら どこからでもインターネットが可能です。
利用料金は1日当たり何円×の旅行日数となります。

利用可能な都市は、バンクーバー・トロント・オタワ・ビクトリア
モントリオール・エドモント・カルガリー・ウィニペグ・サスカトゥーン等があります。
初回に設定すると、どの都市に移動した場合でも変更なく利用できます。

利用できる機器

以下のような機器で利用できます。
プランやスピードによっては、複数人のスマホやタブレットからの利用も可能です。
  • ノートパソコン(Winndows搭載PC/MacOS搭載)を使う方
  • スマートフォン(i-phone/Androidなど)を使う方
  • タブレット(iPad/GALAXY Tabなど)を使う方
<海外wifiルータはいる?いらない?>
カナダのホテルには、ほぼ無料のwifiがあります。
一部ホテルは有料の場合もあります。
使いたいと考えている方は、事前にホテルにwifiがあるかどうか確認しておきましょう。
市内には、カフェやスーパーなどにも整備されています。
あまり使わない方は、現地のwifiを利用することで海外用wifiルーターは不要かもしれません。
※ただし、それぞれのwifi環境で時間制限があったり、使い方の確認や
ID・パスワードなどの問い合わせたりwifi画面でパスワードの入力が必要です。

海外用wifiルーターのメリットとして、
毎回wifi環境を探さなくても、バス・電車の移動中や休憩スポット等どこでも使えます。
設定は、ご自身の機械(スマホ等)に初回だけ設定するだけ。旅行中は設定変更はなく、ずっと使えます。


かかる利用料金は?

  • 定額料金(1日の料金)×渡航日数(出発日~帰国日)
  • オプション料金(保障やモバイル充電、wifiの予備バッテリーなど)
  • (空港受取の場合)空港受取手数料、(空港返却の場合)空港返却手数料
  • (宅配の場合)配達手数料、(郵送返却の場合)郵送代金

具体的な料金イメージ

■1ヵ国(カナダ)の9日間旅行(3Gプランの税抜価格)
  • エクスモバイルの場合 (公式サイト:申込特典あり
    ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
    ■合計料金=約9,000円  (申込特典適用)
     └ 内訳:【利用料金】約8,500円+【宅配送料】540円⇒0円+【郵送返却料金】360円
    <料金に含んだもの>
    ・各国コース(カナダ)(7日パック+2日分)[1日850円] ※7日間パックの場合は1日分無料
    ・あんしん補償(盗難/紛失以外の水没や破損をカバー)(全額の10%)
  • グローバルWIFIの場合 (公式サイト
    ■合計料金=約13,000円
     └ 内訳:【利用料金】約12,000円+【宅配送料】540円+【郵送返却料金】360円
      (返却は実費:レターパックを選択))
    <料金に含んだもの>
    ・カナダ3G 1台 [1日1,170円×9日分]
    ・安心補償パックフル・モバイルバッテリー[1日 500 円×9日分]

申込方法と受け取り方法は?

2種類の方法があります。
  • 主要空港で受け取り・返却
    出発日2~3日営業日前迄に申込、当日主要空港にて受け取り。
    ※受け取り可能な空港、時間帯に制限がある場合があります。
  • 宅配・郵送返却(24時間受付)
    出発日3~4日営業日前迄、自宅へ郵送されます。
    返却は帰国後ポストへ返却となります。

    • 利用方法は?

      1.WEBからの申し込みをする
      2.空港・宅配にて商品を受け取る。
      3.渡航先で利用する。
       3-1現地についたらルーターの電源をONにする。
       3-2.インターネット接続機器(PCやスマートフォン)に
         ID・パスワードでパスワード入力すると、wifiの電波を受信する。
       3-3.インターネット利用開始
      4.帰国時、返却の空港もしくは宅配にて機器を返却する。

      ※深夜便の場合は、前日の受取になる場合があります。
      ※空港受け取りには混み具合により時間がかかる場合があります。
       その場合には、事前に自宅への宅配も安心です。
      ※返却を忘れると滞納料金が必要となりますのでご注意を。
      ※パケット定額制ですが、過剰な通信量の場合は利用を制限されることがあるようです。

      レンタル料金に含まれている物は?

      郵送で返却! エクスモバイルさんで 宅配にてお申込みさせていただいた場合に送られてきたものです。
      • WiFiルーター本体
      • 充電器
      • 充電用ケーブル
      • 付属品(マニュアルなど)
      • 返送用レターパック(郵送返却を選択したため)

      各wifi会社の特徴

      • エクスモバイル
        ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
         ・取扱:4G/LTE(約500MB/1日)・3G(約300MB/1日)
         ・7日間以上利用で1日無料、14日間の利用で2日分無料など、長期利用にお得!
         ・LINEやスカイプのサポート付
      • グローバルWIFI
         ・取扱:4G/LTE(通常250MB/大容量約500MB/1日)4G/LTE快適プラン・3G(約300MB/1日)
         ・価格は1日料金×渡航日数の計算になるので短い方にはお得。
         ・24時間365日サポート付。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 海外でタブレット・スマホを使うには?

海外でタブレット・スマホを使うには?

wifi機器一式 海外でタブレットやスマホを利用するためには、
携帯会社の「海外用パケットサービス」も利用可能ですが、
複数人で利用したい場合や、1日当たりの利用料金を安くしたい方には、 「海外wifiルータ」の利用がお勧めです。

※海外wifiルータとは、
国内で契約している通信事業者(Docomo,au等)を介さないで 海外(現地)のローカルネットワークを利用します。
WiFiルーターの情報を設定した無線LAN搭載ノートパソコンや スマートフォン、タブレット端末が、通信エリア内なら どこからでもインターネットが可能です。
利用料金は1日当たり何円×の旅行日数となります。

利用可能な都市は、バンクーバー・トロント・オタワ・ビクトリア
モントリオール・エドモント・カルガリー・ウィニペグ・サスカトゥーン等があります。
初回に設定すると、どの都市に移動した場合でも変更なく利用できます。

利用できる機器

以下のような機器で利用できます。
プランやスピードによっては、複数人のスマホやタブレットからの利用も可能です。
  • ノートパソコン(Winndows搭載PC/MacOS搭載)を使う方
  • スマートフォン(i-phone/Androidなど)を使う方
  • タブレット(iPad/GALAXY Tabなど)を使う方
<海外wifiルータはいる?いらない?>
カナダのホテルには、ほぼ無料のwifiがあります。
一部ホテルは有料の場合もあります。
使いたいと考えている方は、事前にホテルにwifiがあるかどうか確認しておきましょう。
市内には、カフェやスーパーなどにも整備されています。
あまり使わない方は、現地のwifiを利用することで海外用wifiルーターは不要かもしれません。
※ただし、それぞれのwifi環境で時間制限があったり、使い方の確認や
ID・パスワードなどの問い合わせたりwifi画面でパスワードの入力が必要です。

海外用wifiルーターのメリットとして、
毎回wifi環境を探さなくても、バス・電車の移動中や休憩スポット等どこでも使えます。
設定は、ご自身の機械(スマホ等)に初回だけ設定するだけ。旅行中は設定変更はなく、ずっと使えます。


かかる利用料金は?

  • 定額料金(1日の料金)×渡航日数(出発日~帰国日)
  • オプション料金(保障やモバイル充電、wifiの予備バッテリーなど)
  • (空港受取の場合)空港受取手数料、(空港返却の場合)空港返却手数料
  • (宅配の場合)配達手数料、(郵送返却の場合)郵送代金

具体的な料金イメージ

■1ヵ国(カナダ)の9日間旅行(3Gプランの税抜価格)
  • エクスモバイルの場合 (公式サイト:申込特典あり
    ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
    ■合計料金=約9,000円  (申込特典適用)
     └ 内訳:【利用料金】約8,500円+【宅配送料】540円⇒0円+【郵送返却料金】360円
    <料金に含んだもの>
    ・各国コース(カナダ)(7日パック+2日分)[1日850円] ※7日間パックの場合は1日分無料
    ・あんしん補償(盗難/紛失以外の水没や破損をカバー)(全額の10%)
  • グローバルWIFIの場合 (公式サイト
    ■合計料金=約13,000円
     └ 内訳:【利用料金】約12,000円+【宅配送料】540円+【郵送返却料金】360円
      (返却は実費:レターパックを選択))
    <料金に含んだもの>
    ・カナダ3G 1台 [1日1,170円×9日分]
    ・安心補償パックフル・モバイルバッテリー[1日 500 円×9日分]

申込方法と受け取り方法は?

2種類の方法があります。
  • 主要空港で受け取り・返却
    出発日2~3日営業日前迄に申込、当日主要空港にて受け取り。
    ※受け取り可能な空港、時間帯に制限がある場合があります。
  • 宅配・郵送返却(24時間受付)
    出発日3~4日営業日前迄、自宅へ郵送されます。
    返却は帰国後ポストへ返却となります。

    • 利用方法は?

      1.WEBからの申し込みをする
      2.空港・宅配にて商品を受け取る。
      3.渡航先で利用する。
       3-1現地についたらルーターの電源をONにする。
       3-2.インターネット接続機器(PCやスマートフォン)に
         ID・パスワードでパスワード入力すると、wifiの電波を受信する。
       3-3.インターネット利用開始
      4.帰国時、返却の空港もしくは宅配にて機器を返却する。

      ※深夜便の場合は、前日の受取になる場合があります。
      ※空港受け取りには混み具合により時間がかかる場合があります。
       その場合には、事前に自宅への宅配も安心です。
      ※返却を忘れると滞納料金が必要となりますのでご注意を。
      ※パケット定額制ですが、過剰な通信量の場合は利用を制限されることがあるようです。

      レンタル料金に含まれている物は?

      郵送で返却! エクスモバイルさんで 宅配にてお申込みさせていただいた場合に送られてきたものです。
      • WiFiルーター本体
      • 充電器
      • 充電用ケーブル
      • 付属品(マニュアルなど)
      • 返送用レターパック(郵送返却を選択したため)

      各wifi会社の特徴

      • エクスモバイル
        ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
         ・取扱:4G/LTE(約500MB/1日)・3G(約300MB/1日)
         ・7日間以上利用で1日無料、14日間の利用で2日分無料など、長期利用にお得!
         ・LINEやスカイプのサポート付
      • グローバルWIFI
         ・取扱:4G/LTE(通常250MB/大容量約500MB/1日)4G/LTE快適プラン・3G(約300MB/1日)
         ・価格は1日料金×渡航日数の計算になるので短い方にはお得。
         ・24時間365日サポート付。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 海外でタブレット・スマホを使うには?

自分で手配とフリーツアーどっち?

旅行会社のフリープランのツアーって?

ペギーズ・コーブ(ハリファックス郊外) フリープランのツアーは、以下のようなものが含まれます

  • 航空券
    航空券を代行で取得してくれます。
  • ホテル宿泊(朝食はオプション)
    ホテルの予約を代行してくれます。
  • 乗継時の現地係員さんの乗換案内(行き)
    乗り継ぎの空港にて迷わないように現地係員さんが案内してくれます。(日本語)
  • 到着空港-ホテルまでの送迎※ツアーによりオプション
    カナダ到着時に空港からホテルまで専用車で送ってくれます。
    ※行きは標準でついていても帰りはオプションの場合もあります。

自分で旅行を手配する時に必要なものは?

ビジネス街の夜(トロント) 旅行会社のフリープランを利用しない場合は、こちらの手配が必要です。
  • 航空券の購入
  • 宿泊
  • 現地での観光はどうするか
  • 到着空港-宿泊施設までどうやっていくか。(往路/復路)

(参考)オプション利用で簡単に


フリープランか自分で全てを手配するかの見分け方

海外に慣れている場合、自分で手配する方法もオススメです。
少し不安な場合や、あまり時間がない場合、面倒と感じる場合は、
旅行会社ののフリープランを利用する方が簡単で時間短縮になります。

フリープランか自分で全てを手配するかの体験談

私の場合、4月後半からGWにかけてカナダ1都市に旅行する計画を立てました。
色々計算した結果、JTBのマイセレクトで旅行した方が安かったのでフリープランを利用しました。

自分で手配した時を見積もった場合
  • 航空券・・15万(燃料費を含む)
  • ホテル・・1泊9000円×3泊(Bクラス)
ツアーを使った場合、シェラトン(Sクラス)に宿泊で早割利用で19万円でした。(燃料費含む)
自分で手配した場合から少し費用を追加すると、Sクラスのホテルに泊まれること、
到着空港-ホテルまでの送迎や安心感を含めて考えた結果でした。
同じ内容ツアーの中でBクラスのホテルを利用した場合は、17万円位でした。
(泊まるホテル(シェラトン)が、市内の中心にあって交通の便が良いことを調べていました。)

必ずしもツアーが安いというわけではありません。
格安航空券が購入出来た時には、格安で宿泊したい場合、
ユースホステルやB&B(宿泊+朝食付)などを
自分で宿泊を手配するともっと安く旅行することもできます。
海外のホテルを取り扱うExpediaのサイトは、
最低価格保証があり、
検索時に、「アパートメント」「B&B」「ゲストハウス」などの条件検索が分かりやすいです。

旅行が決まったら、色々航空券手配のサイトや旅行会社のパンフレットを比較してみましょう。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分で手配とフリーツアーどっち?
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他