カナダ旅行準備に役立つ情報

旅行時期は、いつがいい?

バンクーバーにて <旅行価格が高めの時期:オンシーズン>
・春(4月中旬~5月)
・夏(6月~8月)
・秋(10月下旬~11月)
※紅葉の綺麗な地域の価格高めになります。

<旅行価格が安めの時期:オフシーズン>
・冬(12月~3月)
 ※1月~2月は、バーゲン価格で破格の時も!

冬シーズンは、ロッキーマウンテンの国立公園やナイアガラの滝など 主要な観光スポットが閉園になっている場合もあります。

<見学可能時期>
  • カナディアンロッキー地区
     6月中旬~9月下旬もしくは10月上旬迄
  • ナイアガラの滝
     霧の乙女号は5月初旬~10月20日前後迄

行きたいスポットがある場合には、事前に開園しているかの確認を!
カナダでは、季節によって色々な楽しみ方ができます。

春のオススメ

お花が満開! 庭、花、新緑を楽しむことができます。
  • 【バンクーバー】桜のお花見(3月下旬~4月)
    ・クイーンエリザベスパーク
    ・バンデューセン植物園
    ・スタンレーパークなど
  • 【ビクトリア】艶やかな庭園見学(3月下旬~4月)
    ・ブッチャートガーデン [オプショナルツアー]
  • 【カルガリー】雪どけの景色観光(5月中旬~6月中旬)
    ・カナディアンロッキー [オプショナルツアー]
  • 【オタワ】チューリップフェスティバル(5月)
  • 野球(MLB)・バスケットボール(NBA)・サッカー(MLS)・コンサート等
    チケット購入は、こちらのサイトで都市名を入れるとチケットを検索できます。
    日本語以外の表示の場合は、Languageで、日本語を選択
    [チケット販売サイト: sports Event 365viagogo]

夏のオススメ

自然のトレッキング、山登り、釣り、アウトドア、野外イベントを楽しむことができます。
カナダ東海岸(トロントやオタワ)では、21時まで明るいので目いっぱい楽しめます♪

  • 【ウィスラー】自然を大満喫(5月中旬~9月)
    ・トレッキング・ハイキング [オプショナルツアー]
  • 【カルガリー】国立公園めぐり(5月中旬~9月)
    ・バンフ国立公園など [オプショナルツアー]
  • 【各地域】夏のイベント(6月~9月)
    ・花火、各種フェスティバルなど [カナダでのイベント紹介]
  • 【ビクトリア・バンクーバー】 間近で大迫力(6月~10月)
    ・ホエールウォッチング [オプショナルツアー]
  • 野球(MLB)・バスケットボール(NBA)・サッカー(MLS)・コンサート等
    チケット購入は、こちらのサイトで都市名を入れるとチケットを検索できます。
    日本語以外の表示の場合は、Languageで、日本語を選択
    [チケット販売サイト: sports Event 365viagogo]

秋のオススメ

ハロウィンのカボチャがいっぱい! 紅葉散策を楽しむことができます。黄色いメープルリーフも大小色々とても綺麗です! 国立公園の観光は、10月中旬までとなっています。

冬のオススメ

屋外スケートリンク(トロント) スキーやアイススケートを楽しむことができます

  • 【イエローナイフ】一面の星とオーロラを
    ・オーロラ鑑賞 [オプショナルツアー]
  • 【ウィスラー】広大な山で!
    ・スキー、スノーボード
    ・スノーシュー [オプショナルツアー]
  • 【各地】初めてでも挑戦!
    ・屋外アイススケートリンクでのアイススケート
  • 【トロント】
    ・ナイアガラの滝の雪景色(アトラクションは休園)
    ※寒ければ凍った滝見学も!
  • 【各地】アイスホッケー観戦
    チケット購入は、こちらのサイトで都市名を入れるとチケットを検索できます。
    日本語以外の表示の場合は、Languageで、日本語を選択
    [チケット販売サイト: sports Event 365viagogo]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅行時期は、いつがいい?

現地で役立つ!持っていくと便利グッズ

フェリー乗り場(トロント)
  • 方位磁石
    知らない土地では地図を見ても方向が分かりにくい!
    100均など購入できる方位磁石はかなり便利です。※スマホアプリもあります。
  • ウェットティッシュ
    レストランでは、おしぼり(ウェットティッシュ)は出てきません。 ちょっと拭きたいのに・・という時に便利。
    気になる方には携帯用ウォシュレットもあります。
  • エコバッグ・折りたためるサブバッグ
      お土産を買って袋が一杯という時に使えます。
    スーツケースに入りきらない荷物は折りたたみボストンバッグにまとめてもOK。
  • 折りたたみ傘・日傘
    時期によっては、雨が降る場合も。雨が多い時期に旅行の場合は、1本あると便利な
  • オペラグラス
    メジャーリーグやショーを見る場合にはオペラグラスを使うと、より鮮明に見えます。
  • スリッパ
    長時間の飛行機の機内で靴を履いてるのは、足が休まりません。
    携帯用の折りたたみスリッパに履き替えると足も疲れません。
    ちなみにホテルの部屋の中にもスリッパは無いので室内でも使えます。
  • 変圧器
    電圧はアメリカ同様110~120V、周波数は60ヘルツです。
    デジカメの充電器は、そのまま利用できました。(製品により要確認)
    パソコンやその他電気製品には、変圧器が必要かもしれません。
  • デジカメの予備充電池
    デジカメのカメラは何時間撮れるか知っていますか??最近のは撮れる時間が長くなりました。
    ちょっと心配な方は、予備充電池の用意を。昼間は写真が撮れたのに夜になって
    充電がなくなって写真が撮れなかったなんて悲しいことにならないように。
  • デジカメ・スマホの予備メモリカード
    カードの異常で写真が撮れない!?という時のための
    予備のメモリカードやスマホ用MicroSDカード
    写真や動画で容量が一杯になった時も使えます。
    現地で買えるけど、買えるお店は限られていたり、日本で買うより高価です。
    ※スマホで使っていたデータは旅行前にバックアップと空き容量を増やしておきましょう
  • 湿布
    カナダでは、街中をよく歩きます!!自由行動やフリープランならなおさら。
    足に湿布を貼って眠るだけで、足の疲れも癒されます。
  • ミニノート
    旅行の記録用ノート。困った時は、数字や伝えたいことを書いて筆談もできます。
    旅行中は、いろんな事がもりだくさん。ノートに思い出や買ったもの、使った金額などを
    書いておくと、思い出すのが簡単です。
  • もう1個の時計
    カナダの時間と日本時間をわかるような時計があれば便利です。
    飛行機の中で、寝る時間を調整したり日本に電話をかけるときに参考になります。
  • コンパクトなステンレス水筒(マグボトル)
    ホテルでお湯を沸かして置いておくとき、お湯をもらいに行く時などに水筒が便利です。

以上で紹介したグッズはもちろん、その他便利なグッズはこちらから。
携帯スリッパや小物の旅行グッズ市場

あると便利な旅行グッズ特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現地で役立つ!持っていくと便利グッズ

海外でタブレット・スマホを使うには?

wifi機器一式 海外でタブレットやスマホを利用するためには、
携帯会社の「海外用パケットサービス」も利用可能ですが、
複数人で利用したい場合や、1日当たりの利用料金を安くしたい方には、 「海外wifiルータ」の利用がお勧めです。

※海外wifiルータとは、
国内で契約している通信事業者(Docomo,au等)を介さないで 海外(現地)のローカルネットワークを利用します。
WiFiルーターの情報を設定した無線LAN搭載ノートパソコンや スマートフォン、タブレット端末が、通信エリア内なら どこからでもインターネットが可能です。
利用料金は1日当たり何円×の旅行日数となります。

利用可能な都市は、バンクーバー・トロント・オタワ・ビクトリア
モントリオール・エドモント・カルガリー・ウィニペグ・サスカトゥーン等があります。
初回に設定すると、どの都市に移動した場合でも変更なく利用できます。

利用できる機器

以下のような機器で利用できます。
プランやスピードによっては、複数人のスマホやタブレットからの利用も可能です。
  • ノートパソコン(Winndows搭載PC/MacOS搭載)を使う方
  • スマートフォン(i-phone/Androidなど)を使う方
  • タブレット(iPad/GALAXY Tabなど)を使う方
<海外wifiルータはいる?いらない?>
カナダのホテルには、ほぼ無料のwifiがあります。
一部ホテルは有料の場合もあります。
使いたいと考えている方は、事前にホテルにwifiがあるかどうか確認しておきましょう。
市内には、カフェやスーパーなどにも整備されています。
あまり使わない方は、現地のwifiを利用することで海外用wifiルーターは不要かもしれません。
※ただし、それぞれのwifi環境で時間制限があったり、使い方の確認や
ID・パスワードなどの問い合わせたりwifi画面でパスワードの入力が必要です。

海外用wifiルーターのメリットとして、
毎回wifi環境を探さなくても、バス・電車の移動中や休憩スポット等どこでも使えます。
設定は、ご自身の機械(スマホ等)に初回だけ設定するだけ。旅行中は設定変更はなく、ずっと使えます。


かかる利用料金は?

  • 定額料金(1日の料金)×渡航日数(出発日~帰国日)
  • オプション料金(保障やモバイル充電、wifiの予備バッテリーなど)
  • (空港受取の場合)空港受取手数料、(空港返却の場合)空港返却手数料
  • (宅配の場合)配達手数料、(郵送返却の場合)郵送代金

具体的な料金イメージ

■1ヵ国(カナダ)の9日間旅行(3Gプランの税抜価格)
  • エクスモバイルの場合 (公式サイト:申込特典あり
    ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
    ■合計料金=約9,000円  (申込特典適用)
     └ 内訳:【利用料金】約8,500円+【宅配送料】540円⇒0円+【郵送返却料金】360円
    <料金に含んだもの>
    ・各国コース(カナダ)(7日パック+2日分)[1日850円] ※7日間パックの場合は1日分無料
    ・あんしん補償(盗難/紛失以外の水没や破損をカバー)(全額の10%)
  • グローバルWIFIの場合 (公式サイト
    ■合計料金=約13,000円
     └ 内訳:【利用料金】約12,000円+【宅配送料】540円+【郵送返却料金】360円
      (返却は実費:レターパックを選択))
    <料金に含んだもの>
    ・カナダ3G 1台 [1日1,170円×9日分]
    ・安心補償パックフル・モバイルバッテリー[1日 500 円×9日分]

申込方法と受け取り方法は?

2種類の方法があります。
  • 主要空港で受け取り・返却
    出発日2~3日営業日前迄に申込、当日主要空港にて受け取り。
    ※受け取り可能な空港、時間帯に制限がある場合があります。
  • 宅配・郵送返却(24時間受付)
    出発日3~4日営業日前迄、自宅へ郵送されます。
    返却は帰国後ポストへ返却となります。

    • 利用方法は?

      1.WEBからの申し込みをする
      2.空港・宅配にて商品を受け取る。
      3.渡航先で利用する。
       3-1現地についたらルーターの電源をONにする。
       3-2.インターネット接続機器(PCやスマートフォン)に
         ID・パスワードでパスワード入力すると、wifiの電波を受信する。
       3-3.インターネット利用開始
      4.帰国時、返却の空港もしくは宅配にて機器を返却する。

      ※深夜便の場合は、前日の受取になる場合があります。
      ※空港受け取りには混み具合により時間がかかる場合があります。
       その場合には、事前に自宅への宅配も安心です。
      ※返却を忘れると滞納料金が必要となりますのでご注意を。
      ※パケット定額制ですが、過剰な通信量の場合は利用を制限されることがあるようです。

      レンタル料金に含まれている物は?

      郵送で返却! エクスモバイルさんで 宅配にてお申込みさせていただいた場合に送られてきたものです。
      • WiFiルーター本体
      • 充電器
      • 充電用ケーブル
      • 付属品(マニュアルなど)
      • 返送用レターパック(郵送返却を選択したため)

      各wifi会社の特徴

      • エクスモバイル
        ※[当サイトからの申込特典] 宅配送料540円⇒0円/空港受渡し1,080円⇒540円
         ・取扱:4G/LTE(約500MB/1日)・3G(約300MB/1日)
         ・7日間以上利用で1日無料、14日間の利用で2日分無料など、長期利用にお得!
         ・LINEやスカイプのサポート付
      • グローバルWIFI
         ・取扱:4G/LTE(通常250MB/大容量約500MB/1日)4G/LTE快適プラン・3G(約300MB/1日)
         ・価格は1日料金×渡航日数の計算になるので短い方にはお得。
         ・24時間365日サポート付。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 海外でタブレット・スマホを使うには?

準備物、これはいる??(体験談)

メジャーリーグ観戦もOK!(トロント)
何を持って行ったらいいの?
何が必要?何が要らない??FAQのように紹介します。

カバンは?

  • スーツケース(空港で預入)
  • 機内で使わないものは全部入れます。
  • 手持ちカバン(機内持ち込み用)
  • ハサミや液体持ち込みは注意!没収の可能性があるので、航空会社のホームページで確認を。
    手持ちカバンは、肩掛けのショルダー型、ガイドブックが入れば、なお便利です。
    ※リュックサックは、カバンの後ろ側で美術品を傷つける恐れがあるため
     美術館などでは預け入れが必須になる所があります。
  • セキュリティポーチ(現地到着後)
  • 現地観光の場合は、手持ちカバンとは別に、貴重品・パスポートは
    セキュリティポーチに保管が安心です。

カナダのホテルの体験談

  • アメニティでシャンプー・リンスともにありました。
    (硬水なので髪の毛がバリバリになることもあります。必要な方はトリートメントなどを。)
  • バスタオルやフェイスタオルはありました。
  • スリッパは無いです。
    室内でリラックスしたい方は携帯用スリッパがおススメです。
  • 歯ブラシ・歯磨き粉は無かった所がほとんどでした。
  • ドライヤーが付属していない場合、使いにくいドライヤーの場合があります。
    ドライヤーがない場合もありました。私は海外対応のドライヤーを持って行きました。
    日本でも使えるタイプですが、カナダ対応の変換プラグも付いていて、
    スイッチで電圧を換え、普通に使えました。

薬は必要

トロントアイランドから 海外では、慣れない環境、気候から予想外に体調が悪くことがあります。 いつも健康体で大丈夫!という場合も、念のため持参した方が良いでしょう。 体調がおかしい?と思ったら早めに飲んでおくと残りの日は大丈夫になります。 ほっておいたら、旅行期間中ずっと体調が悪くなる可能性もあります。

基本的に添乗員さんは、薬を持っていても、薬をくれない可能性もあります。
(旅行会社で、お客さんに渡すことを禁止されています)

現地で購入すると、薬が強すぎて体に合わず逆に体調を悪くする場合もあります。


船酔いやバス酔いの傾向がある人は、酔い止め薬も忘れずに。
せっかくの旅行。。薬を持って行っておいたらよかったのに・・と
後悔しない万が一のためにも、持参しておいた方が良いでしょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 準備物、これはいる??(体験談)

セキュリティポーチは必要?

セキュリティポーチ内も小袋管理が便利♪ 不安な方は、セキュリティポーチがあった方が安心です。ふとした隙に置き引きなどにあう可能性もあります。 パスポートは肌身離さず持っておきましょう。

日本のように、男性ズボンの後ポケットに貴重品を入れるのは、危険です。見えにくい管理しやすい場所に入れておきましょう。





セキュリティポーチは、服の内側で、肩からかけておきます。
必要な時には、服の内側(上着の内側など)から出します。

セキュリティポーチの中に入れておくもの

  • パスポート
  • 財布
  • クレジットカード
パスポートを盗られる(なくしてしまう)と大使館でパスポートの再発行が必要となり、
予定している帰国日に出国できません。もちろん同じツアーの人たちとも帰れません。
セキュリティポーチに入れていても、必ず定期的にパスポートがあるかの確認が必要です。

セキュリティポーチの利用は、カナダ到着後(観光開始後)からの利用で大丈夫です。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - セキュリティポーチは必要?
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他