カナダ旅行準備に役立つ情報

ツアーの添乗員さんって?

旅行会社やツアーにより異なりますが、あくまで参考に。

添乗員さん付きツアーとは?

イングリッシュ・ベイ(バンクーバー) 日本の空港を出発時から、
カナダ到着後、滞在中を含め
帰国時の日本の空港で解散するまで、
ずっと案内をしてもらえます。

添乗員さんが対応してくれる案内として
出国~現地到着まで各所の手続き説明・案内があります。


  • 航空券チケットが配布される
  • スーツケースの預入、荷物チェック、出国チェックの説明、指示
  • 航空券の座席がどの辺りかという案内
  • 免税店の利用に関する案内
  • 入国審査に関する案内
  • 乗り継ぎ(終点)空港到着時の案内 など

まず、今からどのような手続きを踏み、今後どのように流れるという
案内を聞き、全て自分でも把握する事ができます。
スーツケースの預入が終わると、手荷物を持って、添乗員さんのところへ戻り一緒に
出国チェックの所へ向かう。もしくは自身で出国チェック、搭乗口で待ち合わせとなります。


カナダ現地(バスの中)で

オタワ川(オンタリオ州とケベック州の境界) バスの中では、日本の観光バスと同じようにカナダにまつわる話をしてくれます。
話してくれる内容としては、以下のような話があります。
  • 1日のスケジュール・集合時間など
  • 予定の都市で気をつけたい事
  • チップについて
  • 買物スポット・タックスリファウンド(Tax Refund)

(全く知識が無い場合でも、バスの中で話から教えてもらう事が出来ます)


カナダ現地(観光地)で

日本と同じように、ガイドさんが現地を案内してくれます。
お土産店が含まれている場合は、日本語が通じる事が多いです。

カナダ現地(ツアーのレストラン)で

添乗員さんは、一緒にご飯を食べる事はありませんが、
添乗員さんによっては、一緒にご飯を食べられる事もあります。
レストランでのことは、レストランのスタッフさんに伝えます。

食事終了後に、合流となりますが、困った事がある場合は、呼ぶことが出来ます。
レストラン内のどこか、もしくはバスには、待機されています。


カナダ現地(ホテル)で

添乗員さんがホテルのチェックイン手続きをし、各部屋のキーを配ります。
朝食がある場合は朝食の時間、翌日の集合時間を伝えられ、解散となります。
チェックアウト時は、自分でキーを返し、飲み物や電話を使った場合は、
各自、フロントで料金の清算が必要となります。


その他

具合が悪い時、体調が悪い時は、すぐ伝えましょう。
気を使って言わないより、ひどくならない前に伝えたほうが良いです。
体調が悪い場合には、病院まで付き添ってくれます。

現地に慣れている添乗員さんの場合、自由行動の時のお勧めスポットなどを
コミュニケーショントークの中から、色々な情報を聞き出すことができます。
オススメのお土産やレストランなど気になっているけど、どうしよう?と思う事は、
まず、相談してみても、よい情報が聞き出せるかもしれません。

貴重品を紛失した時は、すぐに伝えましょう。


添乗員さんとの相性があるかとは思いますが、旅行は楽しむものです。
時間を守る、ルールを守るなど自分たちが規則を乱して添乗員さんに心配をかけないよう
楽しい旅行にしましょう♪
添乗員さんによっては、色々な良い情報をどんどん提供してくれる方もいらっしゃいます!


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアーの添乗員さんって?

持ち歩き用必見!ガイドブック

ツアーの場合も、ガイドブックを読んでおくと、旅行を何倍も満喫できます。
自由行動が多いツアーの場合は、事前にどこにいくかを計画し、マークしておきましょう。

カナダガイドブックには、切り離し出来るマップがついているものもあります。
日本語で書かれた切り離しマップは、現地で使えます♪

もちろん!電子版で購入してスマホやタブレットにいれておくのも便利です。


ツアー旅行向け

写真が多く、カナダの観光情報が簡単にまとめられていて見やすくなっています。
るるぶ るるぶ
ツアーに含まれている所要観光地情報がメインで写真が多く見やすいです
カナダ 地球の歩き方 地球の歩き方
交通ガイドやレストランなどいろいろな情報が載っています。

ツアー(自由行動が多い)旅行・自由旅行向け

自由行動に使える情報や英会話など持っていて安心の1冊です。
カナダ 地球の歩き方 地球の歩き方
交通や観光ルートなど自由旅行に役立つ情報が多数載っています。(私も持って行きました)
旅の指さし会話帳
旅の指さし会話帳
旅行で使える英会話表現がたくさん載っています。(私も持って行きました)

重要な情報は、念のためホームページなどで確認しておきましょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 持ち歩き用必見!ガイドブック

どの都市が良い?都市の選び方

ナイアガラの滝 時差ツアーで色々あって分からない!という場合は、 
行きたい場所、行ってみたい場所が
含まれているツアーで消去法を。







現在は、以下のような行き方があります。
  • エアカナダ/JALを利用:
    成田・関西→(乗継・到着)バンクーバー→カナダ各都市
  • エアカナダを利用:
    成田。関西→(直行便・到着)→カナダ各都市
  • デルタ航空を利用:
    関西・その他空港→(乗継)アメリカ国内→カナダ各都市

カナダ ツアーに含まれる主要観光都市

<西海岸>
  • バンクーバー
    主な観光地:クイーンエリザベスパーク、スチームクリック、スタンレーパーク
  • ビクトリア(ビクトリア島)
    主な観光地:州議事堂、ブッチャートガーデン、ピーコン・ヒルパーク
  • ウィスラー
    主な観光地:ウィスラーマウンテン(アクテイビティ)
  • バンフ
    主な観光地:サルファーマウンテン、カスケードガーデン、バンフスプリングス
  • ロッキー(ジャスパー・バンフ・ヨーホー国立公園)
    主な観光地:レイク・ルイーズ、クロウフット氷河、ボウ湖、コロンビア大平原
  • カルガリー
    主な観光地:カルガリータワー、カルガリースタンピート
<東海岸>
  • トロント
    主な観光地:CNタワー、トロントアイランド、アイスホッケー・野球・バスケ観戦
  • ナイアガラ
    主な観光地:ナイアガラの滝、ナイアガラオンザレイク
  • オタワ(首都)
    主な観光地:国会議事堂、リドー運河
  • モントリオール
    主な観光地:ノートルダム教会、モン・ロワイヤル公園、旧市街
  • ケベックシティ
    主な観光地:プチ・シャンプラン、ノートルダム聖堂
  • ハリファックス
    主な観光地:港
  • プリンスエドワード島
    主な観光地:グリーンゲイブルズ、シャーロットタウン
  • イエローナイフ・ホワイトホース
    主な観光地:オーロラ鑑賞
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - どの都市が良い?都市の選び方

カナダの時差は?

ライオンズゲートブリッジ カナダ全土は、6つの時間帯に分かれています。
カナダ国内を旅行する場合は、
地域によって随時、時間の変更が必要になります。

日本の方が時間が早い時間となります。。
日本が、 12日0:00の場合、 
カナダは、11日(前日)の各時間になります。

カナダにはサマータイム制度があります。
  • 夏時間(4月第1日曜~10月最終日曜)
  • 冬時間(上記以外)
※サマータイムの切替時期、別都市への移動時には、
空港、ホテルなどの時計で時間を確かめておきましょう。


時差早見表のエクセル版を作りました。
旅行先を3か所まで選択してA4 1枚で印刷が可能です。
  都市名 時差(冬時間) 時差(夏時間)
太平洋岸標準時 バンクーバー -17時間 (-16時間)
太平洋岸標準時 ビクトリア -17時間 (-16時間)
山岳部標準時 カルガリー -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 エドモントン -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 バンフ -16時間 (-15時間)
山岳部標準時 イエローナイフ -16時間 (-15時間)
中部標準時 ウィニペグ -15時間 (-14時間)
中部標準時 レジャイナ -15時間 (-14時間)
中部標準時 サスカトゥーン -15時間 (-14時間)
東部標準時 トロント -14時間 (-13時間)
東部標準時 オタワ -14時間 (-13時間)
東部標準時 モントリオール -14時間 (-13時間)
大西洋標準時 ハリファックス -13時間 (-12時間)
大西洋標準時 プリンスエドワード島 -13時間 (-12時間)
ニューファンドランド標準時 セントジョーンズ -12時間30分 (-11時間30分)


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カナダの時差は?

旅行会社の説明会に行ってみよう。

カーサ・ロマ(トロント) カナダ旅行に興味はあるけど、何も分からない・・という方は、 ぜひ、旅行会社が主催する海外旅行説明会に行ってみましょう。

特にまだ具体的な内容やツアーが決まっていなくても、 旅行会社さんで無理やり営業されることもありません。 逆に、どの旅行会社、どのツアーか決めかねている場合は、 各旅行会社が無料で行っている説明会で、ツアーの内容を知ることができます。

こんなことをしてみたい!ここに行きたい!などの自分の希望を伝えることによって 旅行説明会でツアーを選ぶこともできます。
アメリカとカナダをあわせたツアーの相談もOK!

私は日本旅行さんの海外旅行説明会に参加しました。


グリーンゲイブルズ(P.E.I) 旅行会社の専属の添乗員さんの説明もあったり、
ツアー内容だけではなく、簡単なカナダ現地の情報や
準備物のことも教えてもらえます。
カナダやアメリカの国によってそれぞれ説明の時間帯が決まっているので、その時間にはカナダについて一杯教えてもらえました。
気候や準備物の事など旅行前に知っておいて良かった情報満載でした。

※旅行説明会の種類により内容が異なる場合があります。

他にも、JTBさんでも実施されています。
もちろんツアーの申し込み前、申し込み後、どちらでも参加できます。

個人旅行を考えている場合も、旅行会社によって航空券とホテルだけのパックも
あるので、パックを利用した場合のアドバイスももらえます。

定期的に説明会がある旅行会社



このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅行会社の説明会に行ってみよう。
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他