カナダ旅行準備に役立つ情報

現地ホテル・民泊の予約方法

現地ホテルの予約・利用について

ホテルの客室イメージ 最近は、日本からも日本語のサイトから現地ホテルの予約が簡単にできるようになりました。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.渡航前には、予約表を印刷して持参しておくと安心です。
3.前もってホテルにメールで予約の確認する。
4.現地ホテルで予約票(印刷書面)を渡す。

<おすすめ予約サイト>

<利用のメリット>
・日本語での予約が可能。
・大手旅行会社が運営しているのでホテルの価格・アメニティ・設備などもわかり易い。
<利用のデメリット>
・ほかの宿泊方法に比べると高い

渡航前に以下を忘れないように!
  • 予約確認のメールの印刷
  • ホテルの連絡先電話番号(印刷・メモしておくと便利)
  • ホテル周辺地図・詳細地図(住所)
  • クレジットカード
    デポジット(預り金)のために提示を求められる場合があります。現金の場合もあり。

ツアーの最終日を延泊する場合、前もって添乗員さんに相談すれば、
電話でホテルへ予約がされているかどうか確認してくれる場合もあります。
言葉が不安な場合は、添乗員さんに相談してみましょう。

民泊を利用する

現地の方の自宅の部屋(宿泊用空き部屋)を予約する方法。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.宿泊先の方とメールでのやり取り(英語等)※鍵の受け渡し方法など
旅行先をイメージしながら不明点はすべて前もって確認しておきましょう。
3.数日前には、念のため予約の確認をしておく。
4.現地に直接向い、鍵を確認し部屋に入る。

<おすすめ予約サイト>
<利用のメリット>
・現地ホテルよりリーズナブルに宿泊できる。
・ホテルではない現地のお家にとまった雰囲気が味わえる。
・部屋内にはキッチンや調理器具がついているので自炊も可能。
<利用のデメリット>
・宿泊者の方との連絡は英語(まれに日本語可)になる。
・※宿泊代のほかに清掃代が取られる場合がある。

その他の宿泊(ユースホステル)

年齢問わず誰でも宿泊できる施設になります。
基本は、相部屋で1ベッド当たりの金額ですが、+料金で個室があるところもあります。
料金例は、相部屋の場合、$24/1ベッドあたり。個室は$55/1部屋。

相部屋の場合は、世界各国の人と一緒になる可能性があるので、
公共スペースや部屋でコミュニケーションや情報交換を楽しむこともできます。
※荷物のセキュリティは各個人になるため、相部屋の場合は注意が必要です。
 会員証が必要になりますが、サイトからオンライン入会が可能です。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現地ホテル・民泊の予約方法
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他