カナダ旅行準備に役立つ情報

旅行用のお金はいくら?(エクセルシート付)

お小遣いを含め、一体いくらもっていったらいい??

全く分からない方のために、旅行の予算を計算できるエクセルシートを作りました。
予想以上に多い場合、少ない場合もあるかもしれませんが、予測用に活用ください。

<説明>
※A4 1枚に印刷が可能です。
※旅行中に使う金額、お土産用金額の計算OK。
※自由旅行、ツアーの場合と各シートに分かれています。
※すでに記載されている内容は例です。
  自由に修正してください。

予算計算シート(イメージ)

旅行に持っていくお金は、どれくらいいる?(ツアーの場合)

参考までに、私の持って行った金額を書いてみます。

全て食事が含まれている日程の場合、
1日1人50カナダドル位を目安として用意しました。
主な用途は、食事の飲料代、水などの購入代、観光の中で自分用お土産、
カフェやお菓子など食べ物の購入代、ベットチップ(1カナダドル)です。
※アルコールを飲む場合は、別途アルコール1杯約5~7カナダドルを目安に。
※ボトルワインやアルコールをよく飲む場合は、少し多めの目安を。

自由行動の日程の場合、
1日1人 130カナダドル位を目安として用意しました。
主な用途は、交通費用(約10カナダドル)、観光費用(チケット代:1箇所約10カナダドル×何箇所)、
食事(1回約20カナダドル×2回(昼・夜))、自分用お土産、水など飲み物(1.5カナダドル×2)、
カフェ・お菓子代金(約10カナダドル)、ベッドチップ(1カナダドル)、(タクシー代)。
※上記と同じですが、アルコールを飲む場合は、別途アルコール1杯約5~7カナダドを目安に。
※ボトルワインやアルコールをよく飲む場合は、少し多めの目安を。

お土産や自分のほしいものについて、何を買うか、どれくらい買うかによります。
美術館のチケット代などが全て含まれているため、自由行動で無い限り、
別途費用がかかる部分がありません。

まとまって大きなお金を使う所は、ブランド物や自分以外(友人・家族)へのお土産代となります。


どれくらいの金額のお土産を何人分購入するか・・
自分のお土産用にどれくらいの金額を用意するかにより持って行く金額が異なってきます。


各友達・家族に購入する大体の予算を立てておいたので、持って行ったお金の中から
たりなくなることは無かったです。(会社・親戚用は、お土産の先行購入で購入。)
現地で足りなくなる可能性がある場合、クレジットカードが利用できる場所で、
クレジットカードを利用して支払いし、最終日まで現金が足りるよう現金を補うこともできます。


ツアーで食事つきの場合、1回の食事で使用する金額は、飲み物代のみです。(たいてい現金支払いのみ)
※朝食は、バイキング形式のことが多いため、支払いはありません。

相場として、水1本(ボトル)・ジュース1本3カナダドル、
ビール(1本)・ワイン(グラス)、5~10カナダドル程です。

ツアーの食事の場合、お店への個別チップは必要ありません。
昼食・夕食、それぞれ飲み物代が必要になります。
例として、昼食・夕食付で、食事ごとにアルコールを飲んだとしても、
1日1人最大20カナダドルあれば十分過ぎるといえます。(よく飲む場合は、もう少し多めです。)

自由行動の場合にレストランに入る場合、1人25~30カナダドルあれば十分な料理を
楽しめるかと思います。飲み物代を含む場合は、大体上記に記載と同じ価格を加算します。
(高級、有名なレストランの場合は、50~100カナダドル位の場合もあります。)
ピザやマクドナルドなどファーストフードを利用すると1人10カナダドル位です。

旅行に持っていくお金は、どれくらいいる?(自由旅行の場合)

どこをまわるのか、どの交通手段を利用するのかを最初に書き出し、
大体の金額を見積る必要があります。

お金が必要となる所として、交通費用、観光費用(チケット代:1箇所約10カナダドル×○箇所)、
食事(1回約○カナダドル×3回(朝・昼・夜))、自分用お土産、
水など飲み物、食べ物代金、ベッドチップです。

少し多めに持っていく、もしくはクレジットカードを持っていくことをお勧めします。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅行用のお金はいくら?(エクセルシート付)
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他