カナダ旅行準備に役立つ情報

自由旅行準備のチェック項目!

海岸に流れ着いた流木 ツアーを利用しない自分たちで組み立てる自由旅行。
(特に卒業旅行や一人旅には必見!!)
自由旅行について気をつける点や必要な準備物をあげてみたいと思います。 準備物については、ツアーと同じです。
  • 航空券
    航空券の種類は?予算や貯めているマイルなどによって検討します。
    格安航空券を利用しよう!
  • ホテル・(ユースホステル)
    宿泊は何泊?予算によって検討します。
    日本から現地ホテルを予約
  • (ダイナミックパック(航空券+ホテル))
    航空券とホテルがセットの方が得な場合があります。
  • 交通手段を検討
    カナダ国内の長距離の移動の場合には・・
  • クレジットカード
    急遽にお金が必要になった時のために、クレジットカード1枚持っていると安心です。
  • バックパック
    異動には、スーツケースよりバックパックが持ち運びに便利!
  • 英語 会話本・電子辞書
    英会話本電子辞書を一つ持っていると安心!
  • 国際免許・レンタカー
    現地でレンタカーを利用の場合は、事前に予約、日本の免許証、国際免許証を忘れずに。
    レンタカーの予約は、日本語のサイトで事前予約がお勧め。
    大手レンタカー会社の中から最安値を検索できます。
  • 海外旅行保険
    海外での自由な分、何か起こった時のためにも海外旅行保険の確認を・・。

ユースホステル

男女別の相部屋で、1部屋が4人から8人ぐらいで共有する宿泊施設。
カナダだけではなく、他の国にもユースホステルもあります。
1人からでも宿泊可能。ホテルより安く1泊が日本円で3000円位から。
(1部屋もあり、部屋によって1泊の料金が異なります)

利用するには、旅行前に「ユースホステル会員証」を発行することが必要。
新規会員:成人パス(2500円)や家族パス(3500円)など。
会員を見せると割引の施設や特典もあります。


カナダで現地を楽しむオプション

自由旅行の合間に、オプションツアーを申し込みたい場合もOK
インターネット環境があれば、ギリギリでも申込可能です。

個人旅行の時のセキュリティ

自由旅行で自分たちでの移動の場合は、移動しやすいバックパックやリュックの利用がオススメ。


※ユースホステル利用時の注意点
  • 寝る時は、貴重品をセキュリティポーチにいれて肌に話さず眠るなど注意が必要。
  • バックパックやリュックには、必ず南京錠をかけておきましょう。

お金に関する注意

現金を持っていく他に、クレジットカードを持っていく方が良いと思います。
現金が足りなくなった時、急なトラブルなどで現金が必要になった時などに利用します。
ユースホステルやホテルでの証明にクレジットカードの提示を求められる場合もあります。

クレジットカードが難しい場合には、銀行のインターナショナルカードを持っていると安心です。
新生銀行など、空港や都市のATMでユーロを引き出すこともできます。

スルガ銀行の国際キャッシュカードでもATMでユーロの引き出しがOK!
もし銀行のカードを作るのが大変と言う場合は、海外専用プリペイドカードも便利です。


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自由旅行準備のチェック項目!
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他