カナダ旅行準備に役立つ情報

アメリカ乗り継ぎの場合の注意点

アメリカ乗り継ぎの場合

アメリカ乗継は注意が必要! 日本からカナダへの旅行の場合、デルタ航空やアメリカン(ユナイテッド)航空の飛行機を 選んだ場合は、アメリカ乗り継ぎになると考えてよいでしょう。

料金は、エアカナダのツアーや航空券より安くなっています。 アメリカ乗り継ぎの場合、乗継空港により待ち時間が何時間もかかることもあります。 ツアー申込時にには、乗継空港は、まだ決定していない可能性があります。

出発前の注意

TSAロックは忘れずに!
  • スーツケースにはTSAロックをつける
    TSAロックがない場合、スーツケースを壊される場合があります。 TSAロック付きのスーツケースを利用するか、スーツケースにTSAロック付ベルトを利用しましょう。
  • アメリカ電子渡米認証システム
    (ESTA)の登録をする

    渡航前には、ESTA登録が必要です。
    この登録がない場合、 アメリカ入国審査の時に入国拒否になり日本に帰らないといけない場合もあります。
    (旅行会社によって有料で登録してくれる場合もあります。)
  • 乗り継ぎ時間が長い場合は、
    アメリカドルの持参も検討する

    レストランやお土産店でアメリカドルが必要になる場合があります。

アメリカ乗継手順

機内では書類を記入!
  • (機内で記載)
    アメリカ入出国カード(写真左:緑色の用紙)
    税関申告書(写真右:青色の用紙)を記載します。
    書き方は、こちらで紹介されています。
  • (アメリカ到着後)
    飛行機を降ります
  • アメリカ入国審査を受けます。
    入国審査官にパスポートと上記2つの書類を提出します。 目的を聞かれたり、指紋認証などのチェックがあります。
    (ESTA登録がないと、この場で返されることになります。)
  • 入国審査後、スーツケースの受取をします。
    荷物受取所で、まわってくるスーツケースを受け取ります。
  • 乗継飛行機のカウンターに預ける。
    スーツケースを受け取った後、スーツケースをもったまま
    乗継飛行機のカウンターで再度スーツケースを預けます。
  • スーツケースを預けた後は、乗継の飛行機のゲートへ行くことができます。
    (旅行会社を利用する場合は、ここで現地係員さんと合流になります。
     現地係員さんが、空港内の乗継用飛行機のゲートの場所を教えてくれます。)
  • 待ち時間
    ゲートに行く前には、レストランやお土産ショップなどがあるので、
    色々みることもできます。
  • 搭乗時間
    搭乗時間の30分前になると、ゲート前当たりで待ち、時間になると搭乗となります
※入国審査は、行列ができますが、乗継飛行機の時間に余裕がない場合は、早めにしてもらえます。

乗継待ち時間にできること

空港内の乗継エリア内(ミネアポリス)
  • 空港内でインターネット利用
    パソコンを持参している場合は、空港によって無料のhotspot、有料のhotspotがあるので、 無線LAN対応のパソコンがある場合利用することができます。※クレジットカードで1時間当たり、1日当たりで利用できます。
    (空港で利用できる無線LAN(wifi)
     Boingo ・ integratedwifi ・AT&T ・ T-Mobile)
  • レストラン・お土産ショップでのお買物
    空港の規模によってことなりますが、飲食やお買い物を楽しむことができます。
  • 無料休憩スペースで仮眠、リラックスする

私のアメリカ乗り継ぎ 体験談

バーガーキングにて デルタ航空(旧:ノースウエスト航空)を利用して、アメリカ ミネアポリス乗り換えでした。
成田航空からミネアポリス空港に到着後、飛行機を降りアメリカの入国審査をしました。

ミネアポリス空港では、約5時間の待ち時間がありました。
(この時点では、手荷物だけで動けるため、身軽です。)

ミネアポリス空港は、空港は広く、お店が多かったです。 コーヒーショップ、フードコート、雑貨屋さん、本屋さん、レストラン、電気屋さん、ドラッグストア、お土産店などのお店があります。

ミネアポリスの空港にて 最初の2時間位はお土産店を回ったり、 ご飯を食べたりと早かったですが、 残り3時間が遅かったです。
この待ち時間が少し辛かったです。

少し広めの仮眠スペースもありましたが、人が多かったので 無線LANが使用できるフードコートで、 インターネットをしたり、寝たりしていました。
(私は、ノートパソコンを持参していました。
 空港内に、時間制で設置されているPCもあります。
 ※英語のみ)

アメリカドルは、行き・帰りを合わせて2人で50アメリカドル持って行っていました。
(足りない場合は、クレジットカードを利用しようと考えていましたが、足りました。)

私の正直な感想は、私の乗継した飛行機が、
待ち時間が長かったと感じたため、次のカナダ旅行は、カナダ経由の乗継を利用すると思いました。
(乗継時間が短ければ、アメリカ経由は、アメリカを感じることもできて楽しいと思います。)


このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アメリカ乗り継ぎの場合の注意点
カナダについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他